居宅介護事業

医療法人愛真会 はら脳神経外科では、ル・ブランとみのはらの施設内で居宅介護支援事業所を運営しております。

ゆとりの空間

リハビリ重視のデイサービス

居宅介護支援事業所とは、介護サービスを受けるために必要な「要介護認定」の申請代行や、居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成を依頼する際の窓口となる事業所です。事業所には介護支援専門員(ケアマネジャー)が常勤し、介護に関するご相談・お悩みに対し専門的な観点から対応いたします。
ケアマネジャーは、利用者様やご家族の方が自宅で安心・安全に生活ができるよう居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成し、適切なサービスが受けられるように提供事業者と連絡・調整します。
<業務内容>
1. 介護に関わるご相談、要介護認定申請の手続き代行
2. 居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成
3. 介護サービスを提供する居宅サービス事業者及び各種施設との連絡調整
4. 市町村、保険医療福祉サービス機関との連絡調整
5. 居宅サービス利用時の苦情や疑問の受付対応
6. 給付管理
7. 認定調査 など
お住まいの市役所で「要介護認定」をうけます
介護サービスを利用するには要介護認定を受ける必要があります。
介護保険の認定申請をすると、調査員による訪問調査とかかりつけ医の意見書をもとに市町村で調査が行われます。認定されると、要介護認定区分(要介護度)が通知されます。
要介護度によって利用できるサービスの種類、内容、一割の自己負担額などが異なります。
介護サービス計画書(ケアプラン)の作成等を行います
要介護認定を受けると、訪問介護やデイサービスなど様々な介護サービスが利用できます。
そのために、まず居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成します。利用者様が安心して自立した暮らしが出来るよう、お一人お一人に適切なケアプランを担当のケアマネージャーが利用者様と一緒に作成します。
居宅サービス系買う所
ケアプランにそって、サービスを受ける事業所を選びます。中立、公正な立場で地域の介護サービスを分かりやすく説明し、利用者様の決定をお手伝いします。サービス事業者への申し込みなども利用者様に代わり行います。
利用中も状態の把握からサービスの変更など、その都度お宅を訪問し、利用者様とのご相談を欠かさず行います。
ケアマネジャーへの相談には費用は一切かかりません
全額介護保険からの給付されますので、自己負担は必要ありません。
 
問合せ
サイドメニュー
ホーム
居室・サービス
サービス
施設概要
入居案内
よくある質問
お問い合わせ


デイサービス
居宅介護サービス
はら脳神経外科
スタッフ募集
ページトップ